HOME日向の薫り


隔世の感?
今日は久しぶりの〜安息日!

重圧から解放されて
ファッションクルーズを気ままに徘徊していたら
とてもリラックス気分に浸れました。(*^_^*)

ところで今回の「第56回ノン・ブラック展」に
出品したのは、こちらの「スマホZANMAI」でしたが



実は6年前の「第50回記念ノン・ブラック展」では
「ケータイの時代」という作品を出してたんです。

若い女性たちを夢中にさせた
”ケータイ”という単語が妙に懐かしいです。



この作品を制作してからわずか6年ほどで
通話が主体の”携帯電話”は次第に淘汰され
代わって全能のツール〜”スマートフォン”が
世界中を席巻することになろうとは?!

IT技術の急激な進歩には驚かされますね。
ついこの間まで全盛を極めたツールは骨董品に?

私が追求する創作のテーマ「現代遺跡」に
実にぴったりではありませぬか。

さ〜て、次はどんな「現代遺跡」が登場するやら。

| アート・ギャラリー | | comments (1) | trackback (x) |
梅雨の合間の暇つぶし
今年の梅雨は長いですねえ。
こんなお天気じゃ〜外回りもしたくないし。

とういことで、パソコンの画像を弄り回していたら
これまで描き貯めた季節の花や野菜のスケッチ画が
出てきたので、暇つぶししてみました。

先ずは、これから登場する花をラインナップ!
ただし〜バラは季節外れですが。



スカシユリとよく似ている「LAリリー」です。


続いては、野菜のラインナップ!

ラディッシュみたいですが
形がちょっと違うかなあ?


白い絵の具を使わずに
白いカブを描くのは結構手強いです。(^_^;)


その点、赤いカブなら楽なもの。


こんなカラフルなタマネギを見ると
俄然絵心を刺激されます。\(^o^)/


トウモロコシは茹でる前に描いてね。(*^_^*)


そして最後は、”野菜の盛り合わせ”となりました!


暇つぶしのお役に立ちましたか?

| アート・ギャラリー | | comments (0) | trackback (x) |
今年の新作〜チョイ見せ?
昨日は、来月開催の「ノン・ブラック展」に向けて
各自が制作中の作品を持ち寄って、師匠や仲間から
アドバイスして貰う合評会がありました。

私が1月からずっと取り組んできた油彩画大作
スマホZANMAI(三昧)」(縦1.6x横2.6m)も
それなりに?評価を頂いたので初披露します。

ここは架空の町・須磨保町三丁目。
中央には町のシンボル・須磨保自在観音が!
タイムスリップしてご登場の二宮金次郎さんも
早速、書物をスマホに持ち替えて体験中!?



これまでのような全面グレイトーンではなく
人物などには明るい色を使い
岩肌の質感を出すためのマチエールを省いたので
マンガチックで軽妙な感じになりました。

当初は横幅5.2mの作品を描きたかったのですが
1~2月と体調がイマイチだったので
結局、半分のサイズで妥協してしまいました。
この後は、気になる部分を手直しして完成予定。

7/14(火)から開催のノン・ブラック展をお楽しみに〜!

| アート・ギャラリー | | comments (10) | trackback (x) |
「ひたちなか市市民交流センター」の紹介記事
地域情報マガジン「サクラ サク ライフ 6月号」に
私が関わっている「ひたちなか市市民交流センター 」の
紹介記事が、2頁見開き(120〜121頁)で掲載されました。



同僚スタッフで、「金魚モビール」作りの名人
鶴田幸夫さんのアートな活動を中心に
人と人を繋ぐ新たな拠点としての
同交流センターの役割や利用の仕方などが
カラフルでわかりやすく紹介されています。



特にセンター1階の「コミュニティギャラリー」は
勝田駅東口のすぐ目の前という便利な場所に
ありながら、市民もしくは市内で活動する団体
(営利・宗教・選挙絡みは不可)であれば
無料で一週間(年2回まで)利用できるという
超お得な施設なのです!\(^o^)/


そんなわけで、私もこちらのギャラリーを利用して
10/21〜26の会期で「SONO仲間❤️アート展2015」を
開催予定です。(画像は2013年のSONO仲間展より)

あなたも趣味の仲間と団体を作って
ギャラリー展をやってみませんか?
交流センターのスタッフが相談に乗ってくれますよ。


ひたちなか市市民交流センター
ひたちなか市勝田中央1番2号 029-276-0101
開館時間;10~20時   休館日;毎週火曜日
駐車場;市営元町駐車場利用〜2時間無料

| アート・ギャラリー | | comments (4) | trackback (x) |
岡本太郎記念館へ
巣鴨ですっかり好奇心を満たされて
次は南青山の「根津美術館」へ向かったのですが
残念ながら次の企画展の準備のため休館中!

そこで気を取り直して
近くにある「岡本太郎記念館」へ立ち寄ることに。


岡本太郎画伯と言えば
大阪万博のシンボルタワー「太陽の塔」の制作者であり
”芸術は爆発だ〜!!”のフレーズはあまりにも有名。

館内は撮影自由! 2階企画展会場では
「岡本太郎の生命体」という展示を開催中。(6/14まで)


生命(いのち)のエネルギーの強さと尊さを
荒々しく表現した平面作品は
どこか”縄文火炎土器”を彷彿とさせます。




階下の展示コーナーとショップを見下ろすと
これもなかなか絵になります。


1階の吹き抜けアトリエには
制作済みキャンバスが大量に保存されています。


こちらは立体オブジェの展示コーナー。
等身大の画伯からトレードマークのギョロ目で
睨まれているような気も?


庭に出ると、「太陽の塔」似の顔のオブジェが
多数展示されていました。



今回初めて訪れたチャコは
すっかり魅了されたようでした。(*^_^*)

| アート・ギャラリー | | comments (0) | trackback (x) |



ランキングに参加しています。
このブログが気に入ったら
クリックして下さい。

Google
サーチする:
Amazon.co.jp のロ
ゴ



CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   03 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS