HOME日向の薫り


ノン・ブラック展〜4日目
おかげさまで連日、私やチャコの友人&知人が
あいにくの雨模様にもかかわらず
会場にお越し頂いております。

せっかくなので
後ろからそっと撮影させて頂いた画像を
ちょこっとだけアップします。

まずは〜私の作品の前から〜
右端におられるのは〜ご存知・矢島千加さん。


おばあちゃんアート3連発の前で
作者の村田京子さん(左端)から
説明を受けている元気な女子会?の面々。


大石展子先生の大作の前で
圧倒されて言葉も出ないT&Yさん。


見事な新人デビューを飾った
松坂沙彩さんの力作の前で、偶然にも
作者本人(右端)と対面できたお二人。


20代の若手女流作家・松坂さんに
今後一層の活躍を期待しております。


今朝の茨城新聞に記事が掲載されました。


いよいよ残るはあと2日間だけ。
ノン・ブラック展に〜愛に恋!

| 展覧会 | | comments (2) | trackback (x) |
「第56回ノン・ブラック展」より
早くも2日目が終わりました。
展覧会場より、その他の作品を
画像のみにてご紹介します。








 








明日3日目は朝から雨模様とのこと。
お客さんの出足が大変気になります。(^_^;)

| 展覧会 | | comments (0) | trackback (x) |
明日から「ノン・ブラック展」オープン!
今日は朝から県民文化センターで
「第56回ノン・ブラック展」の搬入がありました。

エアコンが入っているとは言え
猛暑日ともあって、動くとすぐに汗ダクダク〜!!

それでも熟練したお仲間のパワーで
お昼近くには〜整然と?展示完了。
満足げな表情のみなさんでした。


階段を上がって右手の1室に入るとこんな光景が!
右側の作品はご存知・矢島千加さんの「Prism」。
まるで3Dアートのように飛び出しそうな勢いで
妖艶美女が迫って来るではありませぬか。\(^o^)/

左側は私の大作「スマホZANMAI」で
現代の世相を風刺した〜"なんちゃって"〜アート?


師匠・齋藤義孝先生の「夷酋列伝」シリーズ。


代表・大石展子先生の大作「不都合な真実(異変)(海)」。


そして今回の栄えある「ノン・ブラック大賞」は
仁平ケイ子さんの「清浄の村人」に!!


今回、私が出品をお勧めした
松坂沙彩さんの「mAke a DrEaM」は
緻密な線描きと大胆な構図が評価され
初出品ながら見事「佳作賞」をゲットしました。


受賞者はこちらの皆様。
残念ながら新人賞は〜該当者なし〜でした。


他にもパワフルな作品が勢ぞろい!
皆様のお越しを心からお待ちしております。


| 展覧会 | | comments (8) | trackback (x) |
黒羽根房子クレイアート合同展
ノン・ブラック会員の黒羽根房子さんが
主宰する「ひたちなかアトリエ教室」の生徒さんと共に
「ギャラリーサザ」でクレイアート展を開催しているので
初日の昨日、立ち寄ってきました。


セレブな雰囲気のカフェ&ショップは
相変わらず多くの女性の人気スポット。


「クレイアート」とは焼かない粘土を使って造形し
好みの彩色をして創作するもので、会場には女性好みの
様々な立体・平面作品が展示してありました。





手頃な価格の販売コーナーも人気の的!
チャコは年甲斐もなく?乙女チックなポケットティッシュ
ケースをゲットして大喜びでした。


ギャラリーを出てから、サザ庭園を覗いてみたら
ほとんど森のようになっていました。


「第10回 黒羽根房子 クレイアート合同展」の
会期は6/22(日)まで。
黒羽根さんには、市民交流センター主催の
"夏休み親子体験教室"の講師をお願いしています。

| 展覧会 | | comments (0) | trackback (x) |
キムタクさんの〜とうもろこし人形展
知人の木村拓子(ひろこ)さんの
「とうもろこし人形展」が、6/3〜30までの約1ヶ月間
東海村の日本原子力発電(株)東海テラパーク
ギャラリーで開催されているので行ってきました。

初めての場所なので
地図通りに国道245号から進んで行くと
そこは厳重な警備体制が敷かれていました。

原子力発電所の敷地内に、ギャラリーを含む立派な
多目的施設が併設されていたなんて。
まるで別世界に迷い込んだような不思議な気分でした。


昭和57年、”鉄の女”と称された英国のサッチャー首相が
ここを訪れて記念植樹をされていたとは?


近くには原子炉の蒸気タービンが展示され
目の前には運転休止中の「東海第2発電所」の
建屋が見えるのですが、もちろん撮影はご法度!!


受付嬢までいる立派な施設の一角に
絨毯を敷き詰めた豪華なギャラリーがあり
ここが「とうもろこし人形展」の会場。
幸運にも木村さん夫妻がおられました。


「竹取物語」のストーリーを、”とうもろこしの皮”だけで
順を追って再現した展示は圧巻!!


一体どれほどの気力と体力、時間を
費やしたのやら!   実に頭がさがる思いです。


かぐや姫の類稀ない美貌に魅了された帝が
強引に姫に言い寄るシーン。


姫が育ての親にいとまを告げるシーン。

それぞれの場面には、拓子さんの直筆で
物語の一節が記されておりました。


月から姫を迎えにきた使者たちと共に
天空に舞い上がる劇的なシーンで物語は終了です。



他にも、これまで創作してきた大小様々の作品が!
こちらは勇壮な”岸和田のダンジリ”を再現したもの。


私が拓子さんと出会った頃の
懐かしい作品も展示されておりました。



とうもろこし人形展〜是非お勧めします。

| 展覧会 | | comments (6) | trackback (x) |



ランキングに参加しています。
このブログが気に入ったら
クリックして下さい。

Google
サーチする:
Amazon.co.jp のロ
ゴ



CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   05 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
OTHERS